美容に気を遣うならシュガースクラブで角質ケア

綺麗な女性

目頭切開と二重まぶた手術を同日にした話

笑顔の女性

実は10代の頃に、目頭切開をしたことがあります。ちなみに両目の目頭をちょこっと切開したのみです。もともと、右目のみが一重まぶただったということもあって、小学生高学年ぐらいからずっと気になっていたのです。

それで難関大学に合格したということもあり、両親よりお祝い金をもらえることになって、そこで「目をもっと大きくしたい!」と、訴えたのですよね。そして、まだ10代未成年だったということもあって、母親同伴で地元整形外科クリニックにて、美容整形をすることとなったのです。

まあ、地元美容整形外科とはいっても、全国的に名前が知られた美容整形ですので、両親も不安感はなかったことでしょう。そして、費用に関しても、私が支払ったわけではありませんので、細かいところはわかりませんが、母によると「全然高くなかったわ」ということでしたので。上京資金も十分に出せるぐらいの費用だったようです。

さて、美容整形についてですが、目頭切開と二重まぶた手術はその日のうちに同時におこなうことができましたね。ちなみに1時間もかからず終わったものと記憶しています。まずは目頭を切開してもらって、そして次に右目の二重まぶた手術でしたね。埋没法というのでしょうか。私はちょこっと切り目を入れてから、仕付けのためにちょこっと縫って、後日抜糸でしたね。

目は美容整形手術直後はそれなりに腫れていましたが、けれども翌々日には腫れはひいて、数日後にはもう抜糸でしたね。ちなみに私は目頭切開にしても、二重の幅にしても、やり過ぎていませんので、ごく自然な感じです。バレてもいません。

ボトックス注射をするなら心斎橋が人気となっています|サクラアズクリニック

日本酒化粧水と泥洗顔

いつもいろいろな化粧水や洗顔フォームをジプシーしていたのですが、昨年から、一生このスキンケアでいいのではないか?と思うほど気に入っている化粧水と洗顔があるので是非、ご紹介します!

まずは化粧水。高い物から、ドラッグストアコスメまで、10年以上とくに決まった物は無かったのですが、去年から手作りのアロエと日本酒の化粧水を使っています。
家にあるアロエを有効活用しようとしたのがきっかけだったのですが、角切りにしてとげをとったアロエを日本酒につけて一ヶ月(たしか1000リットルに対して350g)
アロエを取り出したものにグリセリンを適量まぜるだけです。
本当に肌が綺麗になって、毛穴がかなり気にならない肌になってきました!
最近はアロエが面倒になって、そのまま日本酒とグリセリンを混ぜてつかっていますが、これだけでもいい感じです。日本酒は純米酒をつかっていますが、近くのスーパーやコンビニでいつでも買えるので、化粧水がなくなってしかたなく家の近くで違うブランドを買った。。ということもなくなり、とても便利です!
じつは前から米ぬかセラミド入りの化粧水がいいと聞いていて、日本酒系の化粧水に注目していたので、こちらの手作り化粧水なら経済的だし、更に他の市販の化粧水やクリームを高い物を使う余裕もできそうです!

つぎに、洗顔フォームですが、私の周りの友人にきいたところ、かなりの確率で泥洗顔とうたっている洗顔フォームはいい!という回答があったので、lushの泥洗顔シリーズを使っています。肌質によって、数種類あるのですが、香りもいいし、使い心地が本当にすごい!天使の優しさ、とマリンに恋して は秀逸です。
ちなみに友人はモロッコのガスール石けん という感じの名前の泥洗顔を使っていましたが、泥関連はかなりよいようです。

Press release

Post list

TOP